子供の語学力を伸ばすためにできる習慣・工夫

あなたのお子さんに英語力を付ける方法とは?

>

あなたはお子さんに対して何が出来ますか?

「子供の英語力」をどのように伸ばすか?

ここで本題ですが、日本人は生まれて後、誰から日本語を教わりますか?
答えは「お母さん」です。
3・4歳児が漢字が書けたり読めたりすることなどの一部の英才教育の世界は別物として、幼児は日本語を親や周囲から音や形で覚えているのであります。
そして、小学校に上がって初めて「国語」として学科として学習を始める訳です。
反して、日本の英語教育はこの「お母さん」の部分が無く、中学校で英語を学科として強要されているのであります。
これでは英語コミュニケーション力を醸成することは出来ません。
「お母さん」部分の無い英語教育は更なる英語嫌いを生み出すこととなり兼ねません。
現在行われているALT等による小学校での試みがわずかながらこの「お母さん」部分を補っている訳であります。

では、何が最も効果的な方法でしょう?

既にお解りと思いますが、「お母さん」や「ご家庭」がお子様たちへの最も有効な教育環境なのであります。
幼児に日本語を教えるように、英語への誘いを行うことが最も大切なアプローチです。
そのためには、親であるあなたの努力も必要となります。
幼児から英語教室等の外部ソースに委ねることもひとつの手段ではありますが、お子さんにとっては親家族や身近な世界から学ぶことがすべてであります。
じゃがいも食べて「ポテト」という日本語と同時に「ポテイトウ」という英語やトマトを食べて「トメイトウ」という英語もインプットすれば、お子様はすぐさま習得してしまいます。
「幼児英語教育」という言葉はある意味、親の後悔が生み出したとも言えます。
近年、フィリピン等への親子留学で英語習得を試みるとかいうビジネスを聞きますが、もっと早い親の気付きと目覚めがあれば、他に方法はあります。


この記事をシェアする
TOPへもどる